鬼ごっこなど遊びを通じて好きなことを見つける

【子ども達に自分が好きなことを探させる】

『自分にとって何が大切で、自分は何が好きなのか』という自分の価値観と、『自分で決断できる力』を育んであげるには、好きなことを自由に探させてあげることが重要です。

周りの大人がすべて決めて、子どもがそれに従うだけだと、自分で考えずに人の指示に従うようになってしまい、自分で決断して動けない子になってしまう恐れがあります。

俗にいう指示待ち人間ですね。

 

スポーツ鬼ごっこでも、一瞬の判断や決断が重要になる場面が、コート上のいたるところで同時多発的に訪れます。お互いのレベルが高ければなおさらです。

 

大人の指示なんて聞いていられません(笑)。

 

スポーツ鬼ごっこの全国大会でも、監督(大人)の指示が多かったチームは決勝リーグに上がれませんでした。OBの中学生が小学生チームの監督を担っているチームがいくつかあったほどです。

 

低学年チームでさえ、チーム内で戦術を決めてリーダーの掛け声や合図で実行していました。波状攻撃とカウンターの応酬があったのには鳥肌が立ち、ちょっとそれはどうかと思い若干引きましたが・・・。

 

 スポーツ鬼ごっこをしてみると、『センターラインの壁』が生じることがあります。

 

相手の陣地に足を踏み入れることに躊躇してしまうのです。もちろん、躊躇してしまうのにはいろんな要素がありますが、失敗を恐れて踏み出せないことも多いようです。

スポーツ鬼ごっこ センターライン上の駆け引き

スポーツ鬼ごっこの、センターライン上の駆け引き

 

 

スポーツ鬼ごっこでは、相手陣地に侵入している時に相手チームから両手でタッチされると、コート外に追い出されてしまいます。しかし、自陣のスタートエリアに戻ればコート内へ復活できます。失敗しても大丈夫なのです。ただ、戻るまでの間、味方はピンチになるかもしれませんが。

 

 スポーツ鬼ごっこの良いところは、セット間に必ず作戦タイムがあることです。

 

鬼ごっこ『楠 鬼隠れ』 スポーツ鬼ごっこの要 作戦タイム

スポーツ鬼ごっこの要 作戦タイム

 

先ほどのプレイの反省と改善を休憩を含めて2分で行います。スポーツ鬼ごっこの中に大人の世界では有名なP-D-C-Aサイクルが含まれているのです。

 

もちろん、子ども達はもめます(笑)

大抵、誰が出るか、だれが守りにつくのかでもめます。

 

あとは、男女での意見の相違とか。

 

でも、いいんです。

重要なのは『何が大切で、何が好きなのか』です。

 

その結果、ボロ負けしようが、好きなようにやれたのなら問題ないです。

自分たちが好きなように決断して、その結果をしっかりと受け取ってくれたら。

  1. 子どもの成長と鬼ごっこ
  2. 鬼隠れ主催 スポーツ鬼ごっこ教室
  3. 鬼ごっこを通じて、役に立てる自分を育む
  4. スポーツ鬼ごっこ 楠鬼隠れ 三重VS滋賀

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP